ハーブ購入方法 (海外業者)

2009年11月20日以降からは、海外で購入できるハーブのうちの大半が規制対象のハーブとなり、購入をすることは禁止となりました。
(さらに…)

日本においてのドラッグ

厚生労働省による取締りが行われています。地方自治体でも、条例によって取締りを行うことが可能であり、警察や保健所によって実施されます。地方自治体での取締りの代表例としては、東京都が行ったものが顕著な例になるでしょう。
(さらに…)

ハーブ・ドラッグの効能

ナチュラルハーブのどういったものが、抜けが早いのか、効果が強いのか、ということを他人に聞いても正しい答えを得ることができるとは限りません。
その理由としては、人によって効果の感じ方は、その人の耐性であったり体調など、個人差によって大きく変わることになるからです。
(さらに…)

ハーブの耐性

ハーブについては、耐性が強いというイメージもあるようです。
連日使用をしている状態だと、あまり効果を得ることができない、という報告もあります。
(さらに…)

ハーブとは?

ハーブについては、サブカルチャーとして浸透してきているものですが、それに対してハーブである、というような見方をしている人も存在しています。そのために、規制などによってかなり変化が頻繁に起こるものでもあります。
(さらに…)

使用期限について

未開封のハーブが、常温保存の場合には消費期限としては三年程度という目安があります。
しかし、適切な状態で保存をすることができた場合になります。
(さらに…)

何も知らないでハーブをすると大変な事になるかも。

ハーブということでも、その中には合成カンナビノイドという成分が含まれて居ます。
そのために、まったく無害であるということは断言できるものではありません。使用をする際には、しっかりとした知識をつけておくということが求められるようになるでしょう。何も知らない状態で合法ハーブを使うことほど、恐ろしいこともありません。 (さらに…)

分類

ドラッグの種類は。化学構造や形状により幾つかに分類できる。たとえばケミカルドラッグと呼ばれるものも、ドラッグの一種で、形状は粉末上のものが多い(錠剤、液状もある)。他にもトリプタミン系、フェネチルアミン系、ナチュラルドラッグ、エフェドラ系、亜硝酸エステル類などがある。
(さらに…)

第五世代

ハーブにはじめて規制が入ったのは2009年11月のこと。それ以来規制が入る度にこれまで使えたハーブが使えなくなり、規制されていない類似成分を合成して新しいハーブが市場に投入されてきた。そして2012年3月現在、市場に出回ってるハーブは第五世代と言われるものだから、これまで四度の規制がはいったわけだ。
(さらに…)